みなさん、こんにちは。

徳川の建築設計・不動産会社、(株)NARUSEのミノです。

以前、地鎮祭の投稿でご紹介いたしました、日進市K様邸の新築注文住宅が着工し、

現在工事が進んでいますので、その様子を撮影してまいりました。

7月26日:遣り方(やりかた)の設置工事

遣り方とは、建築物の位置・高さ・水平の基準点を決める作業のことをいいます。

基礎の基礎をつくる工事になります。

↓の写真のような、杭が周りに打たれており、その中に土が盛られている状態で、遣り方設置完了になります。

遣り方
遣り方
遣り方

8月9日:根切り工事

根切りとは、地面を掘って、基礎を地盤下につくる工事のことです。

部屋の間取りが出来てきているのがわかります。

この時、仮設の囲いと、仮設トイレを設置します。

根切り
根切り

弊社の都合で、ここから写真がないのですが、

  1. 防湿シート敷込
  2. 鉄骨を組む
  3. 配筋検査
  4. 耐圧盤コンクリート打設工事
  5. 立ち上がりコンクリート打設工事

という流れになります。

9月6日:基礎工事完了

基礎工事が完了しました。

コンクリートを固めるため、3日~5日ほど養生してから型枠を外します。

型枠を外したら、コンクリートにヒビなどが入っていないか、仕上がりを確認します。

この時、お施主様によっては確認に来られる方もいらっしゃいます。

珍しくもないし、むしろ安心して住まいできるように、チェックされに行くことをおすすめします。(基礎工事でチェックするポイントについて、次回まとめますね!)

基礎工事完了
基礎工事完了
基礎工事完了

編集より、ひとこと

9月7日以降の工程に関しても、順次このページにて更新していきますのでお楽しみに!

編集:ミノ